読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの有り難さを感じた数日間

実はここ数日、自宅のインターネットが繋がらないまま生活していました…!

 

我が家のネットはケーブルテレビの会社で契約しているネットなんですが、実は私ほとんど詳しくありませんで…

 

たまに繋がらなくなる脆弱インターネットなことは変わりないんですが、数日繋がらなくなる前に普段ならすぐに連絡して再度繋ぎ直してもらうのですが…

 

今回少し忙しかったこともあり、ほったらかしにしていたらまんまとそのまま回線が途絶えたままになってしまい…

 

今朝やっと電話して再度繋ぎ直してもらいました…トホホ…

 

当たり前のように感じていたWi-Fi環境が無くなるだけで、結構不便を感じるものですね。

 

携帯(iPhone 7)は繋がっているので問題ありませんが、やはりデータ容量が気になるのでアプリの更新などは控えていましたし、なによりパソコンが使えないのは痛かったですね。

 

パソコンで仕事をしているわけでもなし、使うのはちょっとした調べ物や動画の再生・ネットショッピング程度ですが、毎日のルーティンに組み込まれている行動が制限されると人は落ち着かなくなりますね〜

 

今回そのことがよく分かった、良い体験をした数日間でした。笑

 

今後また繋がらなくなったらすぐに電話しないとダメですね。

 

というか、繋がらなくなるようなネットを契約していることが問題なのかもしれませんが…

 

こればっかりは、マンションタイプで加入できる会社が少ない中、なかなか選べないので仕方ないですね…

 

日本のネット環境がもっと良くなりますように・・・

 

地震

先日の鳥取で起きた地震、皆さんは大丈夫でしたか?

 

私は大阪の職場で揺れを体感しましたが、まさか鳥取の揺れが大阪にまで、しかもここまで揺れるとは・・・正直怖かったですね

 

関西は、被害こそありませんでしたが、今後いつ南海トラフ地震が起きてもおかしくないんだと実感して、自分の災害への準備を見直しました

 

正直足りません、全然足りません

 

きっといくら準備しても充分なんてことは無いのかもしれませんが、今の現状では本当に足りません

 

水は充分に確保していますが、食料は乾麺ぐらいしかありませんし、ペットの食事もいつもより多めに用意しておいたほうがいいんだなぁと実感しました

 

特に我が家のペットは療養食なので、災害時に簡単に手に入るとは思えません

 

そう考えたら、人間は最悪なんとかなってもペットってどうにもならないんですよね

 

飼い主が全て用意していることが大前提で、避難場所に連れていけたらラッキーだと思うぐらいに考えておかないといけませんね

 

少し真面目なお話でしたが、日本に住んでいる以上、いつか来るであろう大地震への心と物質の準備を改めて見なおそうと思った今回の地震でした

世界がビビる夜

先日の『世界がビビる夜』という番組は皆さんご覧になりましたか?

 

私はUFOやUMAの類が大好きなオカルトマニアなので、この番組も毎回楽しみに観ています

 

さて、今回はUFO出まくりでしたね

 

なんだか嘘みたいに出まくっていたのでビックリどころか拍子抜けでした。笑

 

ここまで簡単にしかも大量に出られるとなんだかロマンが・・・笑

 

でもヤラセならここまで大量に出さないでしょうか?

 

つい色々考えながら観てしまいます

 


さて、今回私がとても気になったのは、ブラジルの『オオカミ男』ですね〜!

 

人間を憎んでいるとか、噛まれたらオオカミ男になってしまうとか、そういう話しはちょっと加えすぎだろ〜と思ってしまいますが、基本的に私は存在していて欲しい立場です

 

UMAが存在するかどうかは、信じることによるワクワク感などを感じられるところが一番の良さだと思うんですよね

 

だから私は自分が楽しみたいが故に存在して欲しいと考えている人間です。笑

 

 

しかし今回のオオカミ男はどうも墓場にいた男性が非常に怪しかったですね〜

 

ネット上では「現地スタッフのヤラセだ」と言われていますが、私としてはあの人がオオカミ男もしくはオオカミ男の名を借りた家畜泥棒!?と思って見ていました。笑

 

だって本当にあの男性が怪しいのなら、彼を見張れば良いだけですもんね〜

 

そこまでやらない・出来ないのが惜しくもあり気になるところですね〜

 

 

あ、この手の番組を見る度いつも思い出すのは、私が雪男もしくは雪女?に足を捕まれたことと、真冬の川で泳ぐ河童を見たことです

 

誰に話しても信じてもらえませんが、本当に見たんだよ〜

 

やっぱりUMAっているんだなぁって実感した体験でした